日通キャピタル
link サイトマップ
ご挨拶 事業紹介 企業情報 採用情報 お問合せ
ロジスティクスファイナンス サービス概要 導入のメリット 他社との比較 導入事例
顧客バランスシートから棚卸資産を削減し、ROAを向上
在庫を支える資金(借入金)の低減
在庫保管スペース、在庫管理要員/負荷の低減
資金の効率化、余剰資金の創出
有利子負債の返済→支払利息低減→経営利益率向上(収益性UP)
運転(仕入)資金/設備投資に充当→売上高増加(成長性UP)
現金保有→資金繰り改善・資金不足のリスク低減(安全性UP)
物流/商流(金融)の一元管理による事務効率化(本来業務への集中)
発注事務の日通キャピタルへの一本化
各仕入先への支払い事務、買掛金管理の日通キャピタルへの一本化
物流管理(積送・保管・納品)の一元化(可視化)
日通キャピタルの「ロジスティクスファイナンス」は、日本通運グループの強みである世界的な情報ネットワークや在庫の可視化システム、さらには人的なネットワークをフルに活用。質の高い物流サービスIT、金融、決済機能を融合させ、サービス領域を商流にまで拡大したハイブリッドサービスです。
ロジスティクス分野でお客様のニーズに高いレベルでお応えするだけではなく、在庫の圧縮、売掛債権の早期資金化、買掛債務の繰延といった財務・金融戦略に至るさまざまなソリューションを提供し、お客様のSMCをトータルに、強力に支援し、新たな価値を生み出します。
2016.05.09
社長交代のお知らせ(2016年5月1日)
2016.01.01
ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
の認証を取得しました。
2014.04.23
「ロジスティクスファイナンス」を商標登録「LOGISTICS FINANCE」ロゴマークも合わせて登録
ロジスティクスファイナンス・LOGISTICS FINANCE・L+Fのロゴマークは日通キャピタル (株)の登録商標です。