日通キャピタル
link サイトマップ
ご挨拶 事業紹介 企業情報 採用情報 お問合せ
ロジスティクスファイナンス サービス概要 導入のメリット 他社との比較 導入事例

導入のメリット

顧客バランスシートから棚卸資産を削減し、ROAを向上
在庫を支える資金(借入金)の低減
在庫保管スペース、在庫管理要員/負荷の低減
資金の効率化、余剰資金の創出
有利子負債の返済→支払利息低減→経営利益率向上(収益性UP)
運転(仕入)資金/設備投資に充当→売上高増加(成長性UP)
現金保有→資金繰り改善・資金不足のリスク低減(安全性UP)
物流/商流(金融)の一元管理による事務効率化(本来業務への集中)
発注事務の日通キャピタルへの一本化
各仕入先への支払い事務、買掛金管理の日通キャピタルへの一本化
物流管理(積送・保管・納品)の一元化(可視化)
売主様が在庫をコントロールしなければならない「VMI(Vender Managed Inventory)」において、日通キャピタルがそのファイナンス機能とITを駆使して仲介。売主様のリスク低減のため、出荷した時点で製品は日通キャピタルの資産とします。その際、決済の調整も行いますので、買主様側での支払いサイトの延長、売主様側での支払いサイト短縮も可能です。 また、物流を担当する日本通運グループが、発地HUB〜着地VMI〜工場納品までの商物流全体をリアルタイムに「見える化」。実在庫最適化とリードタイムを短縮した生産変動対応型の部材調達を実現します。
■ロジスティクスファイナンスには、3つの大きなメリットがあります。
「ロジスティクスファイナンス」は、ロジスティクスサービスに加え、日通キャピタルがベンダー様/バイヤー様の間で売買される在庫を購買し、一時的に資産とし、在庫の圧縮、売掛債権の早期資金化、買掛債務の繰延、事務の効率化を支援。ロジスティクスと金融・決済の一元管理を可能にし、ベンダー様、バイヤー様双方の利害を仲介役として調整します。
日通キャピタルが一時的に在庫資産を保有することで在庫のオフバランス化を実現します。

顧客バランスシートから棚卸資産を削減し、ROAを向上
在庫を支える資金(借入金)の低減
在庫保管スペース、在庫管理要員/負荷の低減

従来の資金調達方法(銀行借入、株式・社債発行)ではなく、まったく新しいキャッシュフロー改善策を提案。特に金利の高い海外(中国、ASEAN諸国など)でのビジネスでは、低コストでの財務サポートが可能となります。

資金の効率化、余剰資金の創出
有利子負債の返済→支払利息低減→経営利益率向上(収益性UP)
運転(仕入)資金/設備投資に充当→売上高増加(成長性UP)
現金保有→資金繰り改善・資金不足のリスク低減(安全性UP)

日通キャピタルが「調達」「受発注」「貿易事務」などの事務作業を代行。物流/商流(金融)の一元管理により事務効率が向上し、自社の人材を本業に集中することができます。

物流/商流(金融)の一元管理による事務効率化(本来業務への集中)
発注事務の日通キャピタルへの一本化
各仕入先への支払い事務、買掛金管理の日通キャピタルへの一本化
物流管理(積送・保管・納品)の一元化(可視化)

ご挨拶 企業情報
会社概要
電子公告
事業紹介
ロジスティクスファイナンス事業
各種金融サービス事業
グループファイナンス事業
ロジスティクスファイナンス
サービス概要
導入のメリット
他社との比較
導入事例
お問合せ
情報セキュリティ基本方針
リンク
Copyright © NIPPON EXPRESS CAPITAL CO.,LTD. All Rights Reserved.