日通キャピタル
link サイトマップ
ご挨拶 事業紹介 企業情報 採用情報 お問合せ
ロジスティクスファイナンス サービス概要 導入のメリット 他社との比較 導入事例

他社との比較

顧客バランスシートから棚卸資産を削減し、ROAを向上
在庫を支える資金(借入金)の低減
在庫保管スペース、在庫管理要員/負荷の低減
資金の効率化、余剰資金の創出
有利子負債の返済→支払利息低減→経営利益率向上(収益性UP)
運転(仕入)資金/設備投資に充当→売上高増加(成長性UP)
現金保有→資金繰り改善・資金不足のリスク低減(安全性UP)
物流/商流(金融)の一元管理による事務効率化(本来業務への集中)
発注事務の日通キャピタルへの一本化
各仕入先への支払い事務、買掛金管理の日通キャピタルへの一本化
物流管理(積送・保管・納品)の一元化(可視化)
既存の購買仲介サービスと比較したときのロジスティクスファイナンスの強みは、「物流能力の高さ」 「物流・商流の一元管理」「低い手数料での提供」です。品質の高い物流はもちろんのこと、リスク負担範囲を限定することにより、低コスト(低い手数料)でのサービス提供を可能にしています。
ビジネス立ち上げ(サプライヤー開拓、商品選定等)に強い
リターンが大きければリスクの高い案件にも取り組む。結果、豊富なリスク管理実績を保有
商取引を収益の大きな源泉とみなすため、手数料が高い場合が多い
物流能力(オペレーション・アセット)が高い
物流情報をタイムリー・効率的に取得できるため、物流・商流の一元管理が可能
物流業務を基軸としているため、低い手数料でのサービス提供も可能
ご挨拶 企業情報
会社概要
電子公告
事業紹介
ロジスティクスファイナンス事業
各種金融サービス事業
グループファイナンス事業
ロジスティクスファイナンス
サービス概要
導入のメリット
他社との比較
導入事例
お問合せ
情報セキュリティ基本方針
リンク
Copyright © NIPPON EXPRESS CAPITAL CO.,LTD. All Rights Reserved.